masterad_beniyamasou のすべての投稿

陰茎増大はローンで月々安い料金で支払える

まとまった金額がないけど治療はできる?

気になるとコンプレックスにもなってしまうのが男性ならではの悩みです。
今は安全で質の高い治療法がありますので、陰茎増大に興味を持っている方も多いでしょう。
でも、ネックが治療費ではないでしょうか。
まとまった金額が今はもっていないから、手術は無理かと諦めていませんか。
実は陰茎増大の治療は現金で支払い方法以外にも対応してくれるクリニックが多いです。
そのため、高額というイメージが先行しがちな陰茎増大治療でも、実は無理なく普段の生活をしながら支払いができることが多いです。
それがローンを利用する支払い方法です。
これを利用すれば経済的にも無理がありませんし安心です。
しかも手続も面倒なことはないですし、クリニックのスタッフが丁寧に案内してくれるので難しいこともありません。
ローン利用で普段の生活も維持しながら、悩みをしっかりと解決出来ます。
あきらめていた人も、すぐに治療をスタートできるのもメリットです。

ローンのメリットと流れ

陰茎増大の治療費でローンを利用すれば、月々の支払いは安いので多くの方にとってメリットがあります。
支払い回数はある程度決まっていますが、その中から自分の都合に合わせて選ぶことができます。
月々数千円からと安いので、トータル金額で諦めている方でも現実的な金額で済みます。
さらに安い負担で済むので、普段の生活の質も落さずに済みます。
ローンは申込と契約内容の確認は電話などがメインです。
ローン会社の人に会うことはないので、陰茎増大ということも気にせずに済むのも利用しやすいメリットの1つです。
あとはローンの契約が始まったら、決められた金額を口座から引き落とされるだけです。
最初に契約、口座の登録をすれば面倒もありません。
安い月々の支払いで悩みをスピーディーに対応できるなら、利用しない手はありません。
もし、支払いで迷っているなら、ローンを扱っていないかを相談してみましょう。
多くのクリニックでは用意されていて、メジャーな支払い方法となっています。

まとめ

今すぐに治療に必要なまとまった金額がないときには、ローンを利用するのがおすすめです。
月々の安い支払いで済みますが、治療はすぐにスタートできます。
ローンと言っても面倒なことはないので、手間も掛からずに利用できます。
毎月決まった金額を支払うので計画的ですし、治療を支払いを原因に諦めることもありません。
トータル金額だけで断念するのではなく、まずはクリニックにローンがあるかを聞いて、支払い回数や金額を相談しましょう。

陰茎増大は安いかよりも納得できる価格かどうかが重要

自由診療の治療になる

男性器の悩みを解消する治療にも多くの種類がありますが、陰茎増大の治療を選ぶ男性も多く存在します。
成人してからだと男性器のサイズを大幅にアップさせるのは難しいものがありますが、治療を受けることで短期間に理想のサイズを得ることができます。
陰茎増大に役立つ治療にも色々な種類があります。
包茎手術をすることで大きく見える場合もありますし、亀頭増大術や長径術も多くの男性に選ばれています。
亀頭増大は安い費用でできることが理想ですが、ただ安いだけの陰茎増大では、満足な結果が得られない可能性もあります。
安い価格で治療をしても、追加で治療をしたりやり直しになると結局は高くなってしまいます。
陰茎増大術も医療行為になりますが、どちらかというと見た目を改善するための治療になりますので治療は自由診療になります。
それゆえ、治療にはそれなりの費用が発生することは理解しておきましょう。
選ぶ治療方法や医療機関によっても治療費は大きく変わってきます。

カウンセリングを利用しよう

陰茎増大で満足な結果を得るためには、まずはカウンセリングを利用することがおすすめです。
無料カウンセリングを用意しているクリニックは多くありますので、まずは気軽に相談してみましょう。
カウンセリングでは、治療方法の説明はもちろん、費用についても詳しく説明してくれます。
その治療内容に納得ができれば、予約を進めていくことができます。
治療内容に納得ができない、費用についても高すぎると感じた場合はすぐに契約することは避けたいところです。
カウンセリングは複数のクリニックで利用できますので、他の医師のアドバイスも参考にしてみることがおすすめです。
ただ安いだけの治療では、十分な効果が得られない、短期間で効果がなくなってしまう可能性もあります。
やや高い治療でも、理想の見た目を得られる、長期に維持できれば結果的に安く済むことになります。
費用の安さだけで安易に選ぶことは避け、十分な効果が期待できる治療を選んでいきましょう。

まとめ

陰茎増大術をすれば、男性器をより大きくたくましく見せることができます。
治療費は安いにこしたことはありませんが、ただ安いだけでは希望する仕上がりが得られない可能性もあります。
費用の安さだけでななく、満足な効果が得られる治療を選ぶことが大切です。
まずはカウンセリングを利用して、どのような治療が向いているのか、費用がどれぐらいかかるのかを確認してみましょう。
治療の予約はカウンセリングの内容に納得できてからすることが大切です。

陰茎増大を安いプランにする方法はある?

注射を利用して安価に陰茎増大を行おう

一般的に陰茎増大ができる施術は保険が適用されません。
そのため保険適用外の料金がかかってしまうため結構お金が必要です。
できるだけ安価に陰茎増大をしたいのなら注射系の施術を利用してみましょう。
注射系のものは切開をする必要がありません。
施術時間も非常に短いため、費用は安価に設定されています。

例えばヒアルロン酸を利用して陰茎増大施術は料金が特に安いため気軽に利用できます。
値段はヒアルロン酸の注入量によって変化し、使用量で増大効果も大きく変化するシステムです。
ヒアルロン酸の費用は1ccあたり40,000円くらいです。
ただしクリニックによって価格は上下します。
なお切開よりもリスクが少なく安価ですが効果期間は限定されています。

大体注入してから半年くらいは効果が持続するため、長期的な効果は期待できません。
しかしお手軽に陰茎増大できる方法なのでリスクが少なく、安い施術を探している方に最もおすすめです。

少し費用がかかるが半永久的に効果の出るものもある

注射による陰茎増大施術には持続効果の高いものもあります。
例えばバイオアルカミドという成分があります。
これは効果が半永久的に残るもので持続効果も高いです。
バイオアルカミドはヒアルロン酸などの注入成分の中でも最も硬いものです。
その硬さによって亀頭増大効果を上げてくれるため効果的な施術を行えます。

なおバイオアルカミドは鼻やあごを高くするプチ整形でも使われているもののため、安全性も確立されています。
本成分は水とアミドイミドアルキルという成分で構成されているものです。
従来のアクアミドよりも硬さがあり広がりにくいことから、陰茎増大に最も効果を発揮します。
またバイオアルカミドはEUの安全基準を表すCEマークを取得しているため、海外でも安全性が立証されています。

本成分は一度注入をすればほど永久的に効果を発揮してくれるため、コストパフォーマンスは非常に良いです。
ただしヒアルロン酸よりも初期コスト高いことから、予算に余裕がある人におすすめです。

まとめ

陰茎増大をできる安い施術にはヒアルロン酸注入があります。
費用は1ccあたり40,000円のため切開をするよりもお得です。
なお切開をすれば40万円くらいはかかります。
また効果期間が半永久的なバイオアルカミドを利用した施術方法もあります。

バイオアルカミドは初期費用がヒアルロン酸よりもかかってしまいますが、総合的に見るとコストパフォーマンスは良いです。
ヒアルロン酸同様に注入量によって費用は変化するため、計画的に利用しましょう。

安い?高い?陰茎増大にかかるトータルコスト

陰茎増大手術のトータルコストについて

陰茎増大手術には太くするための手術と長くするための手術の2種類があり一般的に前者は増大術、後者は長茎術と呼ばれています。
実際には陰茎増大を希望してクリニックに相談する患者の多くが両方の手術を望んでおり、トータルコストはクリニックや手術内容によって変化します。
安い場合には15万円ほどで足りることもありますが、高い場合には200万円を超えることもあります。
極端に高い手術代金が請求されている場合もあるので、複数のクリニックのサービス内容と料金を比較検討することが大切です。
陰茎増大手術の費用は手術費用とそれ以外の費用で構成されています。
手術費用以外に必要になるのはカウンセリング料金や初診料、再診料や抜歯代の他に麻酔代や消費税などがあります。
手術をキャンセルする場合には2週間前までに連絡すれば費用がかからないのが一般的です。
ただし前日や当日にキャンセルをすると、手術費用の数十%を支払わなければならない場合があるので注意してください。

陰茎増大手術のトータルコストを抑えるには

ペニスを太くする手術ではヒアルロン酸やリパスの他に、自分の脂肪を注入する方法が存在します。
ヒアルロン酸やリパスなどの異物を注入する場合には、種類や量によって費用が変わります。
値段が高い種類の素材を大量に注入すると費用が高額になるので注意が必要です。
自分の脂肪を注入する場合の費用は一般的に40万円から80万円ほどとされています。
ペニスを長くするには切る方法と切らない方法があり、後者の方が安い価格で受けることができます。
切る手術を行う場合の費用は30万円から80万円ほどですが、切らない手術の場合は10万円から30万円ほどです。
費用を抑えて陰茎増大手術を受けたいのであれば、なるべく価格の安い素材を必要最低限の量だけ注入するようにしてください。
また長茎術は切らない方法を選ぶとよいでしょう。
実際にクリニックを選ぶ際には、価格だけではなく技術力や過去の実績などを参考にしながら比較検討することが大切です。

まとめ

陰茎増大の方法にはペニスを太くする増大術と長くする長茎術の2種類が存在します。
実際にクリニックで相談する患者の多くは両方を希望しており、費用の相場は15万円ほどから200万円以上まで様々です。
費用を抑えたいのであれば、価格が安い素材を必要最低限の量だけ注入するとよいでしょう。
またペニスを太くするだけでなく長くしたい場合には、切らない手術をすれば費用を安く抑えることができます。
陰茎増大手術を成功させたいのであれば、価格だけでなく技術力や過去の実績などを比較してクリニックを選ぶことが大切です。